商品開発ストーリーPRODUCT STORY

© SKINWINE COSMETICS

HISTORY OF SHERRY

シェリー酒の歴史

DEVELOPER

開発者

SHERRY COSMETICS開発者のDr.José Manuel Carbajo氏は、シェリー酒の有効成分を使用した様々な化粧品を開発しています。

開発者のお二人。
左)Dr. José Manuel Carbajo
I+D Actives研究所代表 国立カディス大学研究者の一人
右)国立カディス大学 C.García Barroso教授

BEGINNING

SHERRY COSMETICSの始まり

共同研究室での商品開発

シェリー酒の生産されるへレス・デ・ラ・フロンテーラではシェリー酒の酒造廃棄物が多く残ることは環境問題として対策が必要でした。
また、シェリー酒の消費は段々と減少していく傾向にありました。
そこで、シェリー酒のさらなる発展を目指して酒造廃棄物を利用した美容製品開発が始まりました。

各分野の専門家たちによって生み出された製品です。
厳しい目を持ったプロフェッショナル達によって、国立カディス大学と分析化学チームとの共同研究により商品開発されました。

シェリー酒の研究スタート

スペイン・アンダルシア州国立カディス大学、C.Garcia Barroso教授(UCA)によるシェリー酒の研究からスタートしました。

コスメティック製品の開発研究

Dr.José氏はC.Garcia Barroso教授との共同研究の元、数々の医学文献のリサーチ、有効成分の解析、コスメティック製品への開発研究を行います。

2003年
スキンワイン研究所設立

そして、大学の分析化学チームとのプロジェクトとしてシェリー酒の有効成分を利用した化粧品作りの為、大学からスピンオフする形で、2003年スキンワイン研究所を設立。

2009年
販売開始

2009年より一般販売を開始しました。
国立カディス大学(Universidad de Cadiz)の研究室では、今も日々、研究が進められています。